実践者インタビュー

様々な福祉サービスが創設されてきた昨今。
障害福祉サービスの充実とともに知識や技術の向上は進んでいるように思われる。
一方で、「福祉」の価値や倫理の部分はどうだろうか。
どんな思想や哲学で日々の支援が実践されているのか。
「福祉」もまた振り返る必要があるのではないだろうか。

先輩たちの歩みの中から学ぶ。
それは実践者から放たれる言葉だから響く。

 

滋賀の素敵な福祉の実践者の皆さんにインタビューをしていきます。

・竹原智也(たけはら・ともや)さん【NPO法人stand. 理事長】

・町田貴昭(まちだ・たかあき)さん【NPO法人就労ネットワーク滋賀 しあわせ作業所 所長】

・楠田貴之(くすだ・たかゆき)さん【社会福祉法人さつき会 さつき作業所 副所長】

・田中真史(たなか・まさし)さん【紫香楽病医院 療育指導室 主任児童指導】

・安部恵理(あべ・えり)さん【社会福祉法人さわらび福祉会 スポットライフくれぱす 副所長】

・猪瀬健夫(いのせ・たけお)さん【NPO法人びわこダルク 施設長】

・杉田健一(すぎた・けんいち)さん【NPO法人縁活 常務理事】

・谷剛(たに・つよし)さん【NPO法人BRAH=art. 理事】

・増野隼人(ますの・はやと)さん【重症児者相談支援センターびわりん 相談支援専門員】

・久郷慶子(くごう・けいこ)さん【NPO法人しが盲ろう者友の会 理事】
・坂本彩(さかもと・あや)さん 【彩社会福祉士事務所 代表】